×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

子供に携帯電話を持たせる時、メールやインターネットサイトなどによる犯罪に巻き込まれてしまわないか、ということは心配事の1つですよね。子供が被害にあうことがないよう、携帯電話を持たせる前に十分にその危険性を話しておきましょう。

・電話番号やメールアドレスをむやみに教えないようにする携帯電話を持って浮かれ気分になっていると、人に電話番号やアドレスを教えてしまいたくなってしまいます。
最近ではインターネットサイトに顔写真やプロフィールなどを載せて情報交換をするといったものもあります。不特定多数の人に個人情報を漏らしてしまうことは、危険なことです。
電話番号に掛け直したり、知らないメールに返信したりしない知らない番号から電話がかかってきても、すぐには応答せず、留守番電話に用件を登録させて内容を確認してからかけ直すように習慣づけましょう。
電話に出てしまうと、性別も分かってしまいます。
アドレスへの返信も危険です。
サイトにアクセスするつもりはなくても、何かのはずみにアクセスしてしまうということもあります。
そのようなサイトで何らかの項目をクリックしてしまうと、いきなり「登録ありがとうございます」なんてことになり、子供は動揺して言われるがままに、電話番号などを教えてしまう、といったことになり、後から請求書が届く、といったトラブルもあります。

電話会社が行っている、フィルタリングサービスを利用するのが一番良いですが、高校生くらいになってくると嫌がる子供もいますよね。
情報は気軽に教えないこと、知らないメールや電話番号は無視することをしっかりと教え、色々なトラブルの具体例を子供にしっかりと教えておきましょう。
携帯電話の利用者が低年齢化し、携帯電話をつかった悪質な犯罪に巻き込まれてしまうこともあります。
有害サイトへのアクセスと、心配なことはいくつかありますね。
いか、有料のサービスに加入していかなど、明細書を見れば一目で分かりますね。
悪質業者の犯罪による携帯電話による子供同士のいじめなども問題です。
掲示板に悪口を書かれているのを見つけたと無視しておくのが一番です。
チェーンメールがありますが、「このメールを10人に転送しないと悪いことが起こる」、などと不快なメールがほとんどです。
「恋が成就する」、などと転送してしまいたくなるようなメールもあります。
内容はいかにせよ、チェーンメールは迷惑メールです。
転送しておかないと不安・・・と思ってしまうようであれば、携帯電話会社などによる転送専用のアドレスもありますよ。
子供に教えておいてあげると良いですね。